Uncategorized

【洋楽アーティスト見本】Charlie Puth (チャーリー・プース)

Charlie Puth (チャーリー・プース)とは

Charlie Puth (チャーリー・プース)は、アメリカ出身、27歳のシンガー・ソングライターです。

Youtubeでアップしていたカバー動画が、米テレビ界の大スター、エレン・デジェネレスの目に止まり、彼女が司会の番組、「エレンの部屋」に出演。番組内でのパフォーマンスが話題となり、一躍有名になりました。

2015年に、歌手のメーガン・トレイナーとコラボしたシングル「Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)」でデビュー。

その後リリースした、ラッパーのウィズ・カリファとコラボした「See You Again(シー・ユー・アゲイン)」は、映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の主題歌に起用され、全米シングルチャートでは、通算12週1位という歴代最長1位タイのヒットを記録と、世界中で大ヒットしました。

See You Again(シー・ユー・アゲイン)のヒット以降、彼自身の人気もさらに上昇している、次世代のポップスターとして注目のアーティストです。

 

Charlie Puth (チャーリー・プース)のオススメ曲

See You Again ft. Wiz Khalifa

2015/04/06 に公開

アメリカ出身のラッパー、Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ)とのコラボ曲です。大ヒット映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の主題歌に起用されました。この曲は、映画撮影中に事故で亡くなった、俳優のポール・ウォーカーに捧げた曲としても話題になり、感動的なメロディと歌詞は、世界中の多くの人の涙を誘いました。

 

We Don’t Talk Anymore (feat. Selena Gomez)

2016/08/02 に公開

アメリカの歌手、Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)とのコラボ曲です。デビューアルバムの『Nine Track Mind(ナイン・トラック・マインド)』に収録されています。2人の声の相性がバツグンで、失恋の切ない歌詞の雰囲気にピッタリです。

 

One Call Away

2015/09/14 に公開

チャーリー・プースの代表曲の1つです。歌詞もメロディもステキな、純粋なラブソングで、キュンとしてしまうドラマ仕立てのMVにも注目です!

Marvin Gaye ft. Meghan Trainor

2015/04/01 に公開

チャーリーのデビューシングルで、アメリカのシンガー・ソングライター、Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)とのコラボ曲です。2人のハモリが心地良いレトロ感のある曲ですが、歌詞とMVはかなりセクシーな内容になっています。

 

Dangerously

2016/11/02 に公開

 

デビューアルバムの『Nine Track Mind(ナイン・トラック・マインド)』に収録されています。失恋後の苦しい胸の内を歌った曲です。MVでは、嘆くように歌うチャーリーの姿が映り、心打たれます。

Done For Me (feat. Kehlani)

2018/04/21 に公開

R&BシンガーであるKehlani(ケラーニ)とのコラボ曲です。セカンドアルバムの『Voicenotes(ヴォイスノーツ)』に収録されています。80年代を感じさせる、中毒性のある曲調がたまりません。

Nothing But Trouble

2015/09/04 に公開

アメリカのラッパー、Lil Wayne(リル・ウェイン)とのコラボ曲です。ドキュメンタリー映画『808』のサウンドトラックとして提供されました。チャーリーが作る曲はラッパーとの相性もバツグンです。

 

Some Type of Love

2015/04/30 に公開

 

デビューアルバムの『Nine Track Mind(ナイン・トラック・マインド)』に収録されています。大きな愛を歌ったシンプルなラブソングです。なんといっても美しいメロディで、一言で表すと“ザ・良い曲”です。

 

Suffer

2015/04/30 に公開

 

デビューアルバムの『Nine Track Mind(ナイン・トラック・マインド)』に収録されています。チャーリーの色気のある歌声と、ピアノがメインの曲調がついついクセになってしまう1曲です。